ヒビザツ日記2021年12月13日~2021年12月19日

日記 ヒビザツ日記

2021年12月13日(月)
今日は雨が降って非常に寒い日でした。少し前からずっと寒かったですが、今日は、昨日までより1ランクアップしたように寒い日でした。雑魚狩りのレベル上げを頑張ったのでしょう。

午前中は平凡なことはいくつかありましたが、特筆すべきことは何もないまま終わりました。そのまま午後になって15時頃、奇跡的に雨が止んでいる瞬間があったので、日課の散歩をしました。

その後、対局ではない将棋の動画を久々に作りました。

こんな寒い日に雪山ロケを敢行したのは英断と呼ぶほかないでしょう。絵の雪山ですが。

夕方に町内会費の集金の人が来たので、気前よく払いました。まるで、どこかの会社の代表取締役兼社長兼受付嬢(しかし家が金持ち)のようでした。

夜に将棋を数局指しまして、珍しいことに全勝しました。4連勝か5連勝か、どっちだったかは忘れましたが。

こうして日記を書いていると、人生の貴重な残り時間を毎日ただただもったいない無の形で消費しているだけであるという現実をわざわざ自分で確認しているだけのような心持ちがして時にはつらいですが、それで悲観的になってもマイナスにマイナスを重ねるだけでしかないので、まずは体をそれなりのレベルにまでは治したいと思います。

本日は「THE W」の決勝が放送されているようですが、どうもテレビを見ると吐きそうになるので、テレビを爆破しましたため、見ておりません。毎回お笑いの賞レースの感想を書くと文句を言いに来る人があまりにもたくさんいるので、とりあえず今回は書くのをやめようかと思います。「M-1」は書くかもしれません。やめるかもしれません。おわじ。

2021年12月14日(火)
最初に今日という一日を一言で言うならば【無】ということになると思います。まことに何もない一日でした。ありがとうございます。

またしても遅めに起きて、午前中やることがないので少し将棋等をして、お昼を食べた後寒いけれども空は晴れていたので散歩をして、その後は本を読んで、夜は世界一周(東から西方向へ回転)をしたあとナイアガラに戻って13時間ぶっ続けで滝に打たれてから、最後に世界で一番大きな声で「そうだ! 滝に打たれている場合ではなかった!」と叫んで、もんどり打って倒れ込む形で健やかに寝ました。その倒れる姿があまりにも美しすぎて周りにいた大勢のアメリカン(非ネイティブアメリカンを含む)からもカナディアンからも大喝采を浴び、指笛も吹かれまくりで、さらには評判が評判を呼んで、2021年度の「アート・オブ・ザ・イヤー」というのを受賞することになるそうです。ありがとうございます。

ぐらいに本当は書きたかったのに、何もない一日でした。しかし、これはこれで平和で嬉しいです。ありがとうございます。おわじ。

2021年12月15日(水)
今日も、昨日に引き続き【無】の日でした。

まず午前中にハースストーンの動画の撮影をしましたが、ろくな対戦がなくてオール没という悲しい釣果にて終了しました。

午後からは、歩いて行くのはしんどすぎるスーパーまで散歩を兼ねて徒歩にて買い物に行ってきました。往復で1時間以上かかりました。道路が濡れていたので、午前中に雨が降っていたのかもしれませんが、よくわかりません。

あと、この散歩兼買い物の間になぜか郵便局の赤い車を5回見ました。どうでもいいといえばそれまでですが、とはいえ、こんなことはおそらく生まれて初めてなのです。少なくともこれは、何かを暗示していると思います。ただし、「何か」というのは具体的にはよくわかりません。もしもこれが赤い車ではなくて黒い猫の場合は不吉の前兆らしいのですが、黒と赤、車と猫はそれぞれどちらも逆ですらない関係性なので、シンプルに逆に捉えて縁起がいいというのだけは絶対に違うような気がします。こうなってくると、この謎は迷宮入りしそうですが、ただ、1つ確実に言えることがあります。それは、日本には、郵便のシステムがいまだに存在し続けているということです。

帰宅後、疲れすぎて横になっていたら、いつの間にか軽く寝ていました。

起きて少し将棋を指しましたが、もう将棋を金輪際やりたくなくなるぐらいに連敗しました。数えていませんが、多分8連敗ぐらいしました。悲しくて、最後にはドリフのコントのオチぐらいに家ごと爆発しました。とにかく何から何まで爆発してしまったのに、パソコンだけが奇跡的に無傷だったため、こうしてブログを書くことができるのは、不幸中の幸いといったところでしょう。そしてさらに幸運なことに、わずか2分ほどで家を完全に復元できたので、植物のような寡黙さで寝ました。

お気づきの通り、毎日書くことがなさすぎて日記が部分的にイリュージョン化してしまうようになってしまいましたが、欲望の赴くままに、自然の流れにまかせたいと思います。読まれている方々には、毎日全く同じように散歩と将棋以外特に何もない7日間をバリエーションをつけて日記化することの困難さに免じて許して下さることを切望いたします。

ちなみに将棋の連敗は紛れもない事実で、おそらく順位戦の羽生・山崎戦の中継を見ながら指していて集中力を欠いていたのが良くなかったのかもしれません。

セグウェイって一般向けに売っているものなんですね。知りませんでした。公道を走ることができないと聞いたことがあるような気がしますが、買ってどうするのでしょうか。おわじ。

2021年12月16日(木)
昨日も一昨日も「今日は【無】でした」とか書いていましたが、今日になって、ようやく、現在のわたしはほとんどの日が【無】だということに気がつきました。

今日の天気は雨でした。傘が見つからないので帽子を被って濡れながら日課の散歩を敢行しました。

午後はずっと『竹取物語』を読んでいました。日本で最初の仮名による物語として知られているこの作品のクオリティの高さを踏まえてしまうと、そこから1000年以上分は進化していなければならないはずの現代の作家の、少なく見積もっても何割かは、本当は顔を赤らめながら筆を折るべきなのではないかとわたしは思います。「かぐや姫は、罪をつくり給へりければ、かく賤しきおのれが許にしばしおはしつるなり。」という箇所は久しぶりに読んでなかなかシビれました。恥ずかしながら、この設定はすっかり忘れていました。『竹取物語』 は、月の世界で何らかの罪を犯して地球送りの刑になった女の話でした。ただ、「罪」といっても、「元々は少しの間ということでかぐや姫の父母がこの国によこした」という感じの記述があるので、お上に裁かれたいわゆる犯罪者ではなく、何かちょっと悪いことをしてしまった者のようにわたしは読みました。もちろん地球人の感覚で考えてしまうと、他の星へ無理やり飛ばされて置いて行かれるというのは前代未聞の重い刑のようにも思えますが、月の方々にとっては、この、そこそこの年月をかけて繰り広げられたことが、単なるお仕置きレベルのライトな話なのかもしれないと思いました。なぜならたとえば、翁が結構な量の黄金を自分で見つけるという体で事実上与えられているという序盤の出来事が、かぐやが真の犯罪者の場合はありえないだろうからです。極悪な犯罪者の面倒を見てあげた御礼に褒美的な物を取らせるはずがありません。

養子を懇切丁寧に育てたら実の親の代理の者が突然現れて権利を主張して強引に連れて帰って、以後は永遠に合わせない、とこの物語を要約すると、主人公の竹取の翁はなかなか可哀想に思えますが、【実は家族にもいつか別れが必ず来るよ】というのが主題の1つなのかもしれませんね。そう考えると、わたしの父がこの夏に亡くなったこととも、この物語は響き合うような気がします。

話が飛びますが、将棋については、引退を考えるべきかもしれません。才能がありません。駒の動かし方を知っているだけ、というレベルでした。悲しすぎて、自分で自分の手の指の骨を全部折りました。ジェスチャーとともに、口で「ボキボキボキ」と言っただけですが。両手合わせて、なぜか指二百本分ぐらいの骨を折りました。指が多すぎです。おわじ。

2021年12月17日(金)
今日の天気は雨で、しかも、ときどき雹も降り雷鳴も轟き稲妻も光るという、空がやりたい放題の天気でした。しかし、途中で結構雨が弱くなって散歩に行けないこともなさそうに見えるという、いわば天候の隙のようなものを発見したので、そこを突いて、日課の散歩に出かけました。ところが、途中で大雨&強風のコンボを喰らって、泣きたいぐらいに最悪でした。小雨という瞬間は罠でした。ずぶ濡れで帰宅しました。雨だけならまだ耐えられましたが、風も強いのが厳しかったです。だれかセンズの傘買って下さい。

罠といえば、これが多いのか少ないのかよくわかりませんが、わたしには、いかがわしいリンクを踏ませようとする詐欺くさいメールが毎日10~20件ほど来ます。しかし以前は楽天やAmazonを名のるパターンが一番多かったのですが、最近はメルカリの名で届くのが多くなったので、非常にありがたいです。メルカリは完全に一度も使ったことがないので、インチキだと見破りやすいからです。あと、もっていない種類のクレジットカードも、わかりやすくてかなりナイスだと思います。

いや、ありがたくもナイスでもありませんでした。単純に、送らないでほしいです。

将棋は本日もやはり《引退すべきだ》という神のお告げがありました。何人(なんぴと)も、神に逆らうことは出来ないような気がします。おわじ。

2021年12月18日(土)
今日は一日中しっかりと雪の降る日でした。地球が人間を殺しにやってくる季節、すなわちが、今年もいよいよ本格的にやってきたということを身体で感じます。

わたしは季節の中では夏がいちばん好きです。いちばん寒くないからです。そして、いちばん寒い冬を、もっとも厭い憎んでおります。そして春と秋は、まだ、好き嫌いの対象にするほど味わったことがありません。どちらも一瞬で終わるので、単独の季節としてはいささか認識しにくいように思えます。例えば夏の終わりは、冬のはじまりにほぼ連続しているような気さえします。

玄関を開けて、もう道に積もっているのかどうかを確認したところ、まず回覧板が地面に置いてあるのが目に入ったので、それを隣の家まで届けにいっている間に、もともと何のために玄関を開けたのかは忘れていました。罰として、それだけで午前中が終わりました。

寒すぎるので、散歩のために手袋がほしいと思っていてネットで探していたら、こんなものがありました。

スマホ手袋だそうです。今までガラケーで今年からスマホを使うようになったわたしには昨シーズンまで不要な物だったこともあってか、こういうものがあるとは全く知りませんでした。ポチろうと思ったのですが、どのサイズを選べばいいのかわからなくてやめました。確かに手囲と全長がそれぞれ何センチか書いてはあるのですが、それが1センチ刻みで4サイズあるので、結局それでは選び切れません。ネットで身につける物を買うのはなかなか大変です。まあ、散歩でスマホを使う予定はないので、手にとって大きさを見られる実店舗で普通の手袋を買いたいと思います。

日課の散歩をしようと思いましたが、少し歩いただけで、今日の雪の中を歩くのは雨の日よりもずぶ濡れになる度合いがひどいことが即座に判明しまして、「こりゃダメだ」ということで、しばらくした後に車でイオンに行って少しウォーキングをして、そのあと買い物をして帰ってきました。

今日は久々に動画を作ってアップしました。

フクロウとイノシシが戦って、一瞬で勝負が決まる動画です。

そして、昨日でほぼ引退したはずの将棋を、今日もなぜか4局ほど指しました。結果は4勝0敗でした。

ただ、今日は調子がよかったというわけではありません。昨日と一昨日の2日間で負けまくってレートが落ちすぎたせいで、対戦相手が昨日までより低いランク帯の相手になったからというだけでした。おわじ。

2021年12月19日(日)
本日は1日をM-1グランプリに奪われて終わりました。日課の散歩・ウォーキング的なものを何もしなかったのは、開始以来初でした。ただそれは、外に雪が積もっていたせいでもありますが。

基本的にはテレビを見ると病気の症状が強くでるようになってしまったので、実は見るかどうかという根本のところから結構迷ったのですが、結局は「先日のTHE Wはスルーしたけどこれだけは我慢して見よう」と考えて、見ました。感想は長いので別記事としました。

今週の日記を1週間分自分で読み返したら、全然面白くなくてビックリしました。来週は書かないかもしれません。おわじ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました