映画等日記2021年6月14日~2021年6月20日

映画等日記

2021年6月14日(月)
いろいろな引越業者の人が見積もりということで入れ替わり立ち替わり家にやってきては帰っていった。全てのチャレンジャーが帰ったのち、時間にルーズすぎる老人1名を送り込んできた不届きな業者を問答無用で選択肢から除外し、あとは残りの中からなんとなくフィーリングで合格者を決定した。合格発表のときは、往年のスター誕生を彷彿とさせる盛り上がりを見せたとか見せないとかいうことでもっぱらの評判である。さて、あとは何をすればいいのか。先週から引き続き、指が痛すぎる。この日、映画は見なかった。

2021年6月15日(火)
昨日決定した引越業者が大量にダンボールを持ってきたので、思わず「ダンボール!」と叫んでみたところ、あやうくパラレルワールドへ不思議な力で転送されかけたが、すんでのところで踏ん張ってこの世界に残った。危なかった。話は変わって、嬉しいことに、少し前に爆死したコロプラ株が復活して自分が買った値段より高いところまで上り詰めたので、今のうちに売るか、もう少し欲張るかを考えた結果、とりあえず今日は売らなかった。とはいえ、人生というものはしばしば欲張ると痛い目に合うものだと思っているので、決して一番上をゲットしようとはせず、今よりあと10円だけ上がったら売ることに決定。気が変わらないうちに売りを予約した。話は変わって、今日の午後に、ようやくインターネット回線の引越手続きをした。現在は、一番使用料金が高いらしくて「お得」ならぬ「お損(そんな言葉は無い)」なフレッツ光を、自分は馬鹿だと思いつつ使っているので、前々から、この引越に併せて絶対に変えようと思っていたのだが、結局面倒(特にプロバイダが変わってメルアドが変わるのがキビシイ)なのでそのままにした。というのも、実はわたしは、使っているケータイがいまどきガラケー(しかもパケットを完全に切っている)なのだが、近い将来ガラケーが死亡するらしいので、泣く泣くスマホに切り替えざるを得ないそのタイムリミットに追われるような感じでセット割引が使える回線業者に切り替えることにして、今は回線業者を変えないことにしたのであった。まずは、ケータイの次の違約金が発生しない月がたしか2022年12月なので、遅くてもそれまでにどの光回線業者がいいかを選んでおいて、その回線業者とペア関係的に見て変えた方がいい場合は携帯業者を変えて、んで携帯業者が変わっても変わらなくてもとにかくガラケーをスマホに渋々変えて、ケータイの会社が変わった後最初に訪れる光回線の方の2年割引の違約金が発生しない月がこのままいくとおそらく2023年の7月になるはずなので、その時に、ようやく光回線業者をめでたく変える、という予定で行こうと思う。とはいえ、フレッツの違約金をキャッシュバックしてくれる光回線業者の下請けみたいなところも結構あるみたいなので、それを使って予定を早めることは大いにありえるのだが、いずれにせよ変えるまでは、NTT東日本から西日本に変わって料金が安くなるっぽいこともあるし、フレッツがちょっと高くても許容しておくつもりだ。というわけで実は、この猶予期間の間にNURO光がエリア拡大して自分も使えるようになることに期待しているのだが、さすがに駄目だろうかねえ。2年もあればそのぐらいの変化があっても不思議ではないのだが。最後に、指が痛すぎる。特に右手の人差し指に、誇張抜きで刃物で切ったような痛みが出てきてかなりシンドイ。あれだけ絶対行かないと先週書いたのだが、これはもう明日病院に行ってしまうかもしれない。何科なのだろう。整形外科でいいのだろうか。そして、映画のことは常に気に留めてはいるものの、この日も映画は何も見なかった。

2021年6月16日(水)
引越の荷造りをいよいよ開始。引越業者の見積もりによるとダンボール約100個の荷物になるそうだが、早くも初日にして21個分の荷物を梱包し終えた。結果として、例の指痛は際限もなく悪化の一途を辿ったため、明日はついに通院してしまうかもしれない。二重にテーピングをしてさらに軍手をはめたが、駄目だった。昨日まで一番痛かったディフェンディングチャンピオンの右手の人差し指を無意識にかばっていたのであろうか、見事に左手の親指と人差し指が痛みの最高段位に並んでしまった。そして夜はかなり早めに就寝した結果、起床したらまだ同日の23時半だった。そこから眠れない。どうしよう。そしてこの日もなんやかんやで大量のダンボールを見るばかりで、結局映画は何も見なかった。あ、そういえば、動画を1本アップしていた。

2021年6月17日(木)
指が痛すぎてさすがに我慢の限界なのでついに病院に行こうと思って調べたところ、なんとお目当ての病院は木曜日が休みだった。ガーン。そのお目当ての病院以外の「通える圏内」の他の整形外科は軒並み評判が悪く、そういうところにはいきたくないので、結局明日まで我慢することに。というわけで、本日も二重テーピング&軍手で引越の荷造りを進める。本日は、ダンボール38個目まで詰め終わったところで終了。残り約3週間だが、出来ない日も多いので早め早めに事を進めていきたいところ。話は変わって、先週の日記の金曜日のところで書いた、売らなかったコロプラの株だが、結局また値が下がっていった。ガーン。本気で売っておけばよかったと後悔。というか、2日前をピークに値を下げている株が結構多い。まあ、またいつか上がることを信じよう。話は飛んで、今日は特に何も映画は見なかった。

2021年6月18日(金)
動画を1本アップ。今回はライバルズ。もうすぐライバルズのサービスが終了するが、その後は、将棋クエストと任天堂のゲーム(アドベンチャーメイン)とバーチャの3本柱でいくことになる予定。なおついでにいっておくと、巷ではクエストよりどうやら人気があるっぽい将棋ウォーズは以前はわたしも使用していたが、棋神連打に負けるのが単純に時間の無駄なのと、「ク」で名前が始まる某有名実況者がライブ配信中に規約違反していることを堂々と公言しているにもかかわらず全然BANされず、一方ではBANされて牢屋に入っている人も世間に結構いるというあからさまな不公平が、個人的には単純に受け入れがたい、という2つのシンプルな理由で、永遠に訣別した。止せばいいのに「H」で名前が始まる某運営会社にがっつりと喧嘩を売ってから訣別したので、結果として、YouTube上のわたしのウォーズ動画は全て電子の海の藻屑となったような気がするが、まあ仕方がない。余談だが、ニコニコは動画の容量が3GBまでという制限があって、色々試したところ動画の画質を落とさないためには動画の時間が10分ぐらいだと都合がよく、それゆえウォーズとかいうクソゲーには存在しない5分切れ負けというモードがあるクエストがわたくしの動画の選択肢として最適(理由は説明するまでもないと思うが、相手と自分がそれぞれ5分ずつだと、合計でだいたい10分の将棋になる)という事情もあるので、怪我の功名・結果オーライということにしておこう。話は変わって、引越準備の方はダンボール45個目まで終了。なお病院には「少し億劫だ」というクソしょうもない理由だけで結局行かなかった。死因が指痛、という話は聞いたことがないので、明日もわたしは顔をゆがませながら生きてはいると思う。なお、明日は土曜日だが、午前中は病院が開いているので、まだそこで行く可能性は残っている。そして話は飛ぶが、今日は偶然、映画は何も見なかった。

2021年6月19日(土)
午前中は何ということもなくダラダラすごして、結果的には今週の通院ラストチャンスをみすみすスルーする。午後は引越の作業。荷造りではなく、処分関係の作業をしたので、終了ダンボールの数は全く増えず45個のまま。話は飛んで、夜中に猛烈にお腹を壊す。何らかの意味があるのは重々承知だが、人間には、お腹が壊れるシステムを導入しなくてもよかったのではないかと、神に対してささやかにささやかに思う。そこそこツラすぎる。最後になってしまったが、今日は映画は何も見なかった。

2021年6月20日(日)
またしても、家の手続き関係で遠方へ。気をつけて行ってきます。多分この日は何も映画は見ないと思います(この日は日記を書けないので、この文章は前日に書いておいたものです)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました